ドSのSはServiceのS

相方のブログを煽る為のブログです。

格安SIM導入指南書

お仲間が格安SIM導入を検討しているのでブログにて簡単レクチャー( ̄▽ ̄)



STEP0.格安SIMとは?


そもそもSIMとは、スマホ等に内蔵させる通信用の鍵みたいなモノで、これを入れないと通信が出来ません。昔はdocomoやAUなどの大手のみが独占していたのですが、色々あって大手が自分の回線を貸出し始めたのが格安SIMです。大手との契約と違い圧倒的に安い費用で通信や電話が可能な反面、1つの回線を大勢でシェアするようなシステムなので通信速度が落ちやすいのと、毎月の通信量に制限があったりします。なお毎月の通信量を超えても使えるのですが、激遅になってストレスでハゲるから注意。



STEP1.スマホの入手


手持ちの古いスマホでもネットオークションでも新品でも構わないのでスマホを手に入れます。注意点として極端に古いスマホはOSのバージョンアップができず最新のアプリが使えない恐れが有るので、品番をサイトで確認(3年程度前の発売なら問題無し)。


また、用意するスマホは出来ればdocomoがベスト。次にAU、無ければSoftbank。
格安SIMは大手3社の回線を借りて使う事になり、現状一番種類が豊富なのがdocomo回線のSIM、AUとSoftbankだと選択肢が極端に少なくなります。


iphoneを希望の場合、docomo製なのか他社なのかで中古価格も異なるのでよーく確認して入手して下さい(docomo製は5S以降しか存在しない)。



STEP2.通信環境・使用スタイルの確認


普段使おうとしてる環境にwifiがあるなら毎月の通信量が少なくて済む為、非常に安い回線でも運用可能(月々0円から)です。また、これからスマホを使って何をするかでも通信量は変わります。wifiに期待せずガンガン使いたい場合は毎月の通信可能量が多い契約を選択する必要があります。


また、いわゆる090番号のような普通の携帯電話番号が必要な場合は、それに対応した契約(電話回線付きSIM)を行う必要があります。ただ、携帯電話番号が無い契約(データ専用SIM)でもLINE電話などのIP電話や無料通話手段はいくらでもあります。勿論無料でビデオ通話も可能です。


なお、LINEは携帯電話番号を持っていないと認証が行えない(使えない)のですが、これは裏ワザで使えるようになります。



STEP3.格安SIMの選定


比較サイトが沢山あるので、自分に合ったスタイルのSIMを選択します。
かなり多くの会社が格安SIMを販売しているのですが、気軽に使えるように月1000円以内で収まるようなプランを選ぶ方が良いと思います。
んなもん分かんないという方は、以下をオススメします。



基本料金0円のSIM。Wifiと併用できるならかなり有用。毎月の通信量が500Mbまで無料だが超えると従量制で請求される。



通信手段がLINEメインならコレ。LINEでやりとりするデータ分はノーカウントとなるので請求対象のデータ量をグンと抑えられる。



こちらもノーカウントになるデータ通信があるので費用圧縮が可能。この会社は自社オリジナルのスマホも販売しているので、スマホの新規購入から検討する方にはオススメ。



docomoとAUの格安SIM回線を扱っている会社。余ったデータを友人同士で分け合えるので契約回線量よりも多くのデータ通信を行うことが可能。



他にも各社色々なサービスを展開してますので、自分の使用方法に合せてSIMを選択して下さい。



STEP4.SIMの購入&設定


欲しいSIMが決まったら、ネットもしくは家電量販店にてSIM単体を購入します。ほとんどの会社がクレジットカード決済になるのでカードは必須です。請求を家計から切放したい場合は新規にカード作成してからの方が良いかもです。大体2週間もあれば手元にSIMが届きますので、解説書を読みながらお手持ちのスマホにセット&設定(簡単です)すれば完了となります。



では、安心のスマホライフをお楽しみ下さいませ( ̄▽ ̄)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。